オメガ

オメガの歴史@時計がらくた市



【オメガの歴史】


1848年、弱冠23歳のルイ・ブランが懐中時計の組み立て工房を開いたことに始まる

19世紀中に世界でも有数の時計メーカーに発展した

世界からも認められ、1932年の第10回オリンピックロサンゼルス大会の公式時計に採用、その後もたびたび公式時計として採用される

現在ではムーブメントは自社製造していない

1965年に「スピードマスター」がNASAの公式腕時計として採用され、その耐久性の高さを世に知らしめている

1999年、「コーアクシャル」と呼ばれる新機構を開発

これは、機械式時計の心臓部である調速機構との動力伝達を果たす、脱進機機構(アンクル爪、ガンギ歯)における摩擦を大幅に低減し、約10年間オーバーホール無しでも精度を保つことができる

ロレックス

ロレックス【ROLEX】@時計がらくた市

ロレックス【ROLEX】は、イギリスで創設された時計メーカー、また同社製品の総称。

ドイツ人実業家、ハンス・ウィルスドルフが1905年、ロンドンにウィルスドルフ&デイビス社を創設し、1908年に「ロレックス」ブランドを創設した。

懐中時計が主流であった当時に腕時計の利便性に着目し、精度が高く頑丈な腕時計の製造を志した。


1920年代に、オイスター社が開発しそれまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化したことで知られ、さらに自動巻き機構「パーペチュアル機構」、日付が午前零時ごろにすぐに進む「デイトジャスト機構」を次々と発明。

腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど、実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている。

スイスの大量生産時計メーカーが、1970年代のクォーツショック後の経営再編の中で、自製ムーブメントをあきらめETA社等の外製ムーブメントに切り替えて生産を続ける中で、未だに全製品自製ムーブメントであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けていることは特筆に値する。

高級時計ブランドとして世界中で知名度を有しており、コピー商品・再生品(いわゆる偽ブランド品)が多いことでも知られる。

これらの偽物・再生品は保証書がないものが多く、現在日本国内では正規代理店での保守・修理を受けられない。

偽物の多さから偽ロレックスの収集家も存在するほどで、その偽物の中にもコピーの出来具合により等級が存在する。

また高級時計としての知名度とイメージから、日本国内では成金的なイメージを指摘する意見もある。

また、その価値やブランドが世界各国で通用することから、いざという時の換金用として報道関係者といった外国渡航の多い人間に重宝がられているという意見もある。

ロレックス
の普及モデルとして廉価版のTUDOR(チュードル)というブランドも存在する。

一時期日本でも販売されていたが、現在は正規代理店の取り扱いはない。こちらはETA社のムーブメントを使用し、ケースのみロレックス社のものを使用している。

ロレックス

エクスプローラーI 【Explorer I】@時計がらくた市

エクスプローラーI Explorer I

三針式、日付なし、黒文字盤の同社のスポーツモデルのさきがけとなった製品。

ヒラリー卿のエベレスト初登頂時に用いられたとされ、探検家用モデルとされた。

蛍光塗料によって針や文字盤表示が塗られており、暗いところでも時間の確認が容易である。現行モデルでは、すべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

エクスプローラーU Explorer II

四針式(時針、分針、秒針、24時間針)、3時の位置に日付のあるモデル。

洞窟探検家用とされ、24時間針によって、日光が遮られ昼夜の区別がつかない場所でも昼夜を判断できる。

現行モデルでは、すべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

  1 2 3 4 5..  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。