時計情報@時計がらくた市 > 電池寿命・電池交換 > 電池寿命@時計情報

電池寿命・電池交換

電池寿命@時計情報


時計は様々な動力で動いてます。

自動巻き・手巻き時計等ぜんまいを動力とするものや、電池を動力とするクオーツ時計。

現在、国内で流通している殆どの時計はクオーツ時計です。


皆様がお持ちの時計もそうではないでしょうか?


クオーツ時計は電圧を加えると安定した高い振動を発生する水晶(クオーツ)の特製を利用して作られてます。

従って電池が切れるとクオーツ時計は止まってしまいます。


では、クオーツ時計の電池寿命はどのくらいなのでしょうか?


それは、短いもので約2年、長いものでは10年以上と様々です。

一つ言える事は、クオーツ時計は必ず電池寿命が尽き、いつかは止まるという事。


皆様のお手元に、もしかしたら電池が切れて止まった状態の時計があるかもしれません。


『時計は何本か持ってるから、暇な時に時計屋にでも行って交換しよう!』と思ってる方がいらっしやいましたら要注意です。


時計の中に寿命の切れた電池を入れたまま放置しますと、液漏れなど時計に悪い影響を及ぼすことがあります。


時計の中で電池が液漏れを起すと、クオーツの機械自身がダメージを受け、オーバーホール(機械修理)や最悪には時計が修理不能状態で使えなくなる時があります。


電池交換が必要になったら出来る限り早くお買い求めのお店にお持ちいただくことが必要です。

また、時計の電池交換には専門知識・技術が必要です、電池交換は必ず専門技術を持った技術者の方にご相談ください。

<<(グランドール)メンズトノー型ムーンフェイス腕時計RD | 時計情報@時計がらくた市トップへ | 時計の防水機能@時計情報>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。