時計情報@時計がらくた市 > 防水機能 > 時計の防水機能@時計情報

防水機能

時計の防水機能@時計情報


時計の防水機能は大きく3つに分けられます。

非防水

防水処理が全く施されていない時計です。
水気のあるところに時計を近づけない注意が必要です。

また、アンティークウォッチに関しましては、特に表記がない場合は非防水となりますのでご注意下さい。


日常生活防水[3気圧/5気圧防水]

「WATER REGISTANT」「30M」「3ATM」「3BAR」などと表記されます。実際の防水性能は「30mの水圧に耐えられる」というもので「30m潜れる」という内容のものではありません。

手洗い、洗顔時、雨など飛沫が掛かる程度の防水機能はあるという事になります。

防 水 

【10気圧防水】

100M防水とも言われます。

表記は「100M」「10ATM」「10BAR」となっております。

これも「100mの水圧に耐えられる」という意味であり「100m潜れる」という意味ではないのでご注意下さい。

実際の使用では「水が掛かっても、あるいは水に浸かっても大丈夫」程度です。波を受ける可能性のある海や、プールでの水泳時の水圧に耐えられるだけの防水性能はありません。

【20気圧以上防水】

この性能を備えているものが「ダイバーズウォッチ」と呼ばれるものとなります。海またはプールでのご使用も問題ありませんが、高圧のシャワーや飛び込みなど極端に圧力のかかる場合には耐えられない事がございますので注意が必要です。

また、温泉など熱いお湯については水圧に限らず温度で内部の油が損傷してしまいますのでお気お付け下さい。

通常、腕時計は非防水であることがベースとなります。

「生活防水」の機能がついているだけでも「特殊な」時計となります。

この為、ダイバーズウォッチ以外は出来るだけ水気に関してはお気をつけ頂く事をお薦めいたします。

もし、水が入り時計のガラスが曇ったり、止まったりした場合は、放置すると時計自身がダメになるので早めに専門家に見てもらいましょう。

<<電池寿命@時計情報 | 時計情報@時計がらくた市トップへ | 時の記念日@時計情報>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。