時計情報@時計がらくた市 > オメガ > オメガの歴史@時計がらくた市

オメガ

オメガの歴史@時計がらくた市



【オメガの歴史】


1848年、弱冠23歳のルイ・ブランが懐中時計の組み立て工房を開いたことに始まる

19世紀中に世界でも有数の時計メーカーに発展した

世界からも認められ、1932年の第10回オリンピックロサンゼルス大会の公式時計に採用、その後もたびたび公式時計として採用される

現在ではムーブメントは自社製造していない

1965年に「スピードマスター」がNASAの公式腕時計として採用され、その耐久性の高さを世に知らしめている

1999年、「コーアクシャル」と呼ばれる新機構を開発

これは、機械式時計の心臓部である調速機構との動力伝達を果たす、脱進機機構(アンクル爪、ガンギ歯)における摩擦を大幅に低減し、約10年間オーバーホール無しでも精度を保つことができる

<<ロレックス【ROLEX】@時計がらくた市 | 時計情報@時計がらくた市トップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。