ロレックス

ロレックス【ROLEX】@時計がらくた市

ロレックス【ROLEX】は、イギリスで創設された時計メーカー、また同社製品の総称。

ドイツ人実業家、ハンス・ウィルスドルフが1905年、ロンドンにウィルスドルフ&デイビス社を創設し、1908年に「ロレックス」ブランドを創設した。

懐中時計が主流であった当時に腕時計の利便性に着目し、精度が高く頑丈な腕時計の製造を志した。


1920年代に、オイスター社が開発しそれまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化したことで知られ、さらに自動巻き機構「パーペチュアル機構」、日付が午前零時ごろにすぐに進む「デイトジャスト機構」を次々と発明。

腕時計で初めてクロノメーターの認定を受けるなど、実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている。

スイスの大量生産時計メーカーが、1970年代のクォーツショック後の経営再編の中で、自製ムーブメントをあきらめETA社等の外製ムーブメントに切り替えて生産を続ける中で、未だに全製品自製ムーブメントであり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けていることは特筆に値する。

高級時計ブランドとして世界中で知名度を有しており、コピー商品・再生品(いわゆる偽ブランド品)が多いことでも知られる。

これらの偽物・再生品は保証書がないものが多く、現在日本国内では正規代理店での保守・修理を受けられない。

偽物の多さから偽ロレックスの収集家も存在するほどで、その偽物の中にもコピーの出来具合により等級が存在する。

また高級時計としての知名度とイメージから、日本国内では成金的なイメージを指摘する意見もある。

また、その価値やブランドが世界各国で通用することから、いざという時の換金用として報道関係者といった外国渡航の多い人間に重宝がられているという意見もある。

ロレックス
の普及モデルとして廉価版のTUDOR(チュードル)というブランドも存在する。

一時期日本でも販売されていたが、現在は正規代理店の取り扱いはない。こちらはETA社のムーブメントを使用し、ケースのみロレックス社のものを使用している。

ロレックス

エクスプローラーI 【Explorer I】@時計がらくた市

エクスプローラーI Explorer I

三針式、日付なし、黒文字盤の同社のスポーツモデルのさきがけとなった製品。

ヒラリー卿のエベレスト初登頂時に用いられたとされ、探検家用モデルとされた。

蛍光塗料によって針や文字盤表示が塗られており、暗いところでも時間の確認が容易である。現行モデルでは、すべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

エクスプローラーU Explorer II

四針式(時針、分針、秒針、24時間針)、3時の位置に日付のあるモデル。

洞窟探検家用とされ、24時間針によって、日光が遮られ昼夜の区別がつかない場所でも昼夜を判断できる。

現行モデルでは、すべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

ロレックス

オイスターパーペチュアル@時計がらくた市

オイスターパーペチュアル

オイスターケースにムーブメントを格納し、自動巻きパーペチュアル機構を採用しているモデルの総称。

オイスターケースは、特別な指定がない限り10気圧防水である。 さらに以下のようなバリエーションがある。

エアキング Air-King

三針式(時針、分針、秒針)、日付なしの同社でもっともシンプルなモデル。

現行モデルではクロノメーター検定を通しておらず、またケースにステンレスを用いているため、同社の製品の中でもっとも廉価なものである。

デイト Date

三針式、3時の位置に日付のあるモデル。

風防に日付を拡大するためのレンズ(サイクロプスレンズ)がついている。

現行モデルではすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

同様に日付を搭載するデイトジャストとの違いは本来、深夜12時を回ると瞬時に日付が変わるデイトジャスト機構を搭載しているか否かによるものであったが、現行モデルではデイトもデイトジャストと同様のキャリバーを搭載しているため、両者の違いはケースの大きさだけになった。

ケースには主にステンレスが用いられるが、一部に貴金属を用いたモデルがある。

デイトジャスト Datejust

三針式、3時の位置に日付のあるモデル。

デイトと同様にサイクロプスレンズがついており、現行モデルはすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。

ケースはステンレスのほか貴金属も多く用いられる。

デイデイト Daydate

三針式、3時の位置に日付があり、12時の位置に曜日表示があるモデル。

デイト、デイトジャストと同様に日付にはサイクロプスレンズがついている。

ケースはすべて貴金属をもちいており、文字盤に宝石がはまっているモデルもあり同社の製品中で一般にもっとも高価なプレステージモデルである。

現行モデルはすべての製品がクロノメーターの認定を受けている。



ロレックス

ロレックス 16234G デイトジャスト

新品★ロレックス 16234G デイトジャスト  10Pダイヤ 青 紳士新品★ロレックス 16234G デイトジャスト 10Pダイヤ 青 紳士
デイトジャスト10Pはまさに腕時計の極み。文字盤のダイヤのように貴方の時間も輝かせてほしい。深いブルーが、さりげない大人v萪沢な逸品。※クリックで拡大画像がご覧いただけます。 ロレックスの仕様変更等により、ハ真と異なる場合がこざいます。 商品番号Ref.16234Gムーブメントゥ動巻きクロノメーター(オートマチック)カラー文字盤:ブルーケース:シルバーベゼル:シルバーベルト:シルバー素材ステンレススティール、ホワイトゴールド、ダイヤモンド、サファイアガラス防水100m防水サイズフェイス直径ヨコ約34mm(リューズ除く)厚さ約12mm、重さ約105g、ベルト幅約15mm〜約19mm腕周り最大約18.5cm仕様ねじ込みョリューズ、カレンダー機能(日付)、付属品ギャランティー(国際保証書)、説明書、メーカー純正ボックス、1年保証書
さらに詳しい情報はコチラ≫

ロレックス

【 ROLEX 】 メンズ デイトジャスト ブルー

【 ROLEX 】 メンズ デイトジャスト ブルー 文字盤 ローマ インデックス 腕時計 ロレックス【 ROLEX 】 メンズ デイトジャスト ブルー 文字盤 ローマ インデックス 腕時計 ロレックス
【 ロレックス 腕時計】永遠のブランド、腕時計の王メ 【 ロレックス 】その歴史は1905年から始まり、より小さく、より正確に時を刻む事にこだわり続けた ROLEX。そして1910年、世界で初めて腕時計のクロノメーターの認定を受ける。以来、完全防水のオイスターケースはロレックスの代名詞となった。ただひたむきに走り続けた姿勢が今や世界中に認められ、今や腕時計を超えた宝飾品の域まで達する。サブマリーナ、パーペチュアル、デイトジャスト、GMTマスター、エアキング、エクスプローラー、シードゥエラー、一生モノの腕時計として、一つは持っておきたい、憧れの腕時計。ゥ動巻き100m防水性拡大レンズ付きデイト表ヲブレス:ステンレススティール文字盤ケース直径:約36mmロレックス専用箱一年間無料保証無料でサイズ調整致します。無料でラッピング致します。
さらに詳しい情報はコチラ≫

ロレックス

【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス

【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス
【 ロレックス 腕時計】永遠のブランド、腕時計の王メ 【 ロレックス 】その歴史は1905年から始まり、より小さく、より正確に時を刻む事にこだわり続けた ROLEX。そして1910年、世界で初めて腕時計のクロノメーターの認定を受ける。以来、完全防水のオイスターケースはロレックスの代名詞となった。ただひたむきに走り続けた姿勢が今や世界中に認められ、今や腕時計を超えた宝飾品の域まで達する。サブマリーナ、パーペチュアル、デイトジャスト、GMTマスター、エアキング、エクスプローラー、シードゥエラー、一生モノの腕時計として、一つは持っておきたい、憧れの腕時計。ゥ動巻き100m防水性ブレス:ステンレススティールガラス:サファイアクリスタル文字盤ケース直径:約34mm文字盤ケース厚さ:12mmロレックス専用箱一年間無料保証無料でサイズ調整致します。無料でラッピング致します。
さらに詳しい情報はコチラ≫

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。