ロレックス

【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス

【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス【 ROLEX 】 メンズ エアキング ブラック 文字盤 バーインデックス 腕時計 ロレックス
【 ロレックス 腕時計】永遠のブランド、腕時計の王メ 【 ロレックス 】その歴史は1905年から始まり、より小さく、より正確に時を刻む事にこだわり続けた ROLEX。そして1910年、世界で初めて腕時計のクロノメーターの認定を受ける。以来、完全防水のオイスターケースはロレックスの代名詞となった。ただひたむきに走り続けた姿勢が今や世界中に認められ、今や腕時計を超えた宝飾品の域まで達する。サブマリーナ、パーペチュアル、デイトジャスト、GMTマスター、エアキング、エクスプローラー、シードゥエラー、一生モノの腕時計として、一つは持っておきたい、憧れの腕時計。ゥ動巻き100m防水性ブレス:ステンレススティールガラス:サファイアクリスタル文字盤ケース直径:約34mm文字盤ケース厚さ:12mmロレックス専用箱一年間無料保証無料でサイズ調整致します。無料でラッピング致します。
さらに詳しい情報はコチラ≫

時計豆知識

時の記念日@時計情報

6月10日は、時の記念日です。

これは天智天皇の時代に、漏刻(水時計)が設置され、宮中に時がつげられ
るようになったのを記念するものです。

これを太陽暦に直すと671年の6月10日になるため、この日が時の記念日に制定されました。
制定は大正9年のことです。

もっとも、日本書紀によれば漏刻は実は斉明天皇6年5月に皇太子(天智天皇,
当時は中大兄皇子)の命により既に設置されていました。しかしその日付が
不明であるため、日付の明確な天智天皇10年の方が採用されています。

大雑把な目安しか提供できない日時計に比べて水時計はどうしても精密な
時刻を測ることができるものとして重用されましたが、その発明は古く、
BC16世紀にはエジプトで既に使用されていた記録が残っています。

天智天皇の時代にこの水時計の管理をしていたのは陰陽寮の漏刻博士たち
で二人で交替で水の量をチェックして鐘や太鼓で時報を鳴らしていました。

たいへん重要な役目ですので、居眠りしたり遅刻した場合の罰は出勤停止
や罷免など、たいへん厳しいものであったようです。

なお、当時使用されていた時刻は現在私たちが使用しているような、夏でも冬でも一定の時を刻む定時法です。

防水機能

時計の防水機能@時計情報


時計の防水機能は大きく3つに分けられます。

非防水

防水処理が全く施されていない時計です。
水気のあるところに時計を近づけない注意が必要です。

また、アンティークウォッチに関しましては、特に表記がない場合は非防水となりますのでご注意下さい。


日常生活防水[3気圧/5気圧防水]

「WATER REGISTANT」「30M」「3ATM」「3BAR」などと表記されます。実際の防水性能は「30mの水圧に耐えられる」というもので「30m潜れる」という内容のものではありません。

手洗い、洗顔時、雨など飛沫が掛かる程度の防水機能はあるという事になります。

防 水 

【10気圧防水】

100M防水とも言われます。

表記は「100M」「10ATM」「10BAR」となっております。

これも「100mの水圧に耐えられる」という意味であり「100m潜れる」という意味ではないのでご注意下さい。

実際の使用では「水が掛かっても、あるいは水に浸かっても大丈夫」程度です。波を受ける可能性のある海や、プールでの水泳時の水圧に耐えられるだけの防水性能はありません。

【20気圧以上防水】

この性能を備えているものが「ダイバーズウォッチ」と呼ばれるものとなります。海またはプールでのご使用も問題ありませんが、高圧のシャワーや飛び込みなど極端に圧力のかかる場合には耐えられない事がございますので注意が必要です。

また、温泉など熱いお湯については水圧に限らず温度で内部の油が損傷してしまいますのでお気お付け下さい。

通常、腕時計は非防水であることがベースとなります。

「生活防水」の機能がついているだけでも「特殊な」時計となります。

この為、ダイバーズウォッチ以外は出来るだけ水気に関してはお気をつけ頂く事をお薦めいたします。

もし、水が入り時計のガラスが曇ったり、止まったりした場合は、放置すると時計自身がダメになるので早めに専門家に見てもらいましょう。

<<前の3件  1 2 3 4 5..  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。